法律無料相談を利用して周囲の問題解決を考えるサイト

>

法律事務所への相談はどんなもの?

軽めの相談でしたらメールや電話が最適

弁護士人口も増えインターネットでも弁護士事務所は無料相談を前提にしている所も数多くあり、相談する形式も色々とあります。
特にメールで相談を受け付けている場合は、日時を選ばず相談ができるのでご自身の都合の良い時にメールで相談することが可能です。
但し、メールでは相談内容を文書にするので、弁護士が深く聞きたい点の確認ができず全てが伝えない面もあり、複雑で深刻な内容の相談に適していません。
身近で気になっていて、法律的な見地で見解などを確認するようなケースに適しているといえます。
手軽といえば電話による相談もあり、24時間受付もありますが概ね平日日中となる制限があります。
30分程度が相談時間の目安になりますが、直接伝えられ細かい確認もできる利点があります。
メールまたは電話による相談から、直接相談になることも少なくありません。
FAXでも可能な場合もあるので活用するのも手です。

重めの相談なら電話から対面相談が最適

重めというより深刻なという方が良いかも知れません。
問題の背景などを含めて相談するのは、メールよりは電話の方が伝わりやすいですし気になる点や疑問など弁護士との質疑がでますので、とても現実的な回答が得られます。
相談者自身も電話で話すことで、相手の弁護士がどのような感じの人物で相談内容に対して、どの程度、真剣であるかも感じられることからとても相談する上では有用になります。
一番良いのが弁護士と直接相談することです。
メールや電話と違って気軽な感じではありませんが、一番、相談内容を伝えられ回答を得られます。
弁護士と会う日程を調整する必要があるので、ある程度、時間が必要になってきます。
弁護士も多くの事案を抱えているので空いた時間と合わせることについて考慮が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る