無料法律相談ではどこまで相談できる?

法律無料相談を利用して周囲の問題解決を考えるサイト

法律事務所への相談はどんなもの?

どうしても弁護士へ相談するのって抵抗感が強いと思います。 気軽に相談するには内容や費用を考えてしまい、行動にでられないのが現実ではないかと思います。 弁護士に相談するのは重大なことでなければ行けないという意識も強いと思います。 筆者も同様に強い抵抗感を持っています。

弁護士には得意分野を見極めて相談する

弁護士は全ての法律についてオールマイティーではありません。 やはり同種の分件を処理していることで、特定の分野について特にノウハウをもっています。 ご自身が相談しようとしている内容がどの分野で、その分野を得意とする弁護士の選択が必要になってきます。

悩まずに気軽に弁護士に相談して問題解決へ向かう

法律的な解決が必要なことはそれほど多くはないと思います。
但し、法律的な解決が必要なことであれば、ご自身で解決することは難しい状況となり放置していれば悪化を招くことになります。
そうなると法律のプロである弁護士を頼り相談をして対処対応を得る必要があります。

一般的に法律相談は有料で、30分で5000円前後、1時間で10000円前後が相場になっています。
当然、その範囲で相談して解決することはなかなかないので、概ね、解決するための方向性や方法などが聞ければ、相談した意味がでてきます。
法律事務所の弁護士を利用するのは相談も含めて費用がかかるというイメージがあり、なかなか利用しない現実があると思います。
法律的に解決するには弁護士を利用するのが一番良い方法ですし、過去の法改正で国を上げて弁護士人口と環境の整備が行われ身近に利用できるようになっています。

因みに2016年3月頃の調査では、全国に4万人近い弁護士が在籍しています。
昔に比べ急増し利用しやすい環境になっています。
また、弁護士を利用することは、大げさなことでないと利用しないというイメージもありますが、些細な身の回りのトラブルでも気軽に相談して早い解決に向かうために無料相談を気軽に利用することです。
弁護士利用の多い先進国である欧米諸国をても理解できることです。
弁護士は費用も高く気軽に相談できるイメージは低いのが現状です。
気軽に利用してもらえるように無料相談をする法律事務所が増えてきているのです。

また、自治体主催の法律無料相談会やインターネットでも24時間メール等でも相談を受け付けています。
無料なので費用面を気にせずに利用して解決の糸口をみつけ必要であれば依頼することもできるのです。
国の公的機関の法律無料案内もあり法律的なことの総合案内をしています。
無料相談といえども内容制限はありません。

相談から弁護士利用の有無を決める

無料相談が多くなってきた理由としては、気軽に弁護士を利用してもらいたいと考えているからです。 相談段階から料金が発生しているのでは、結果もだせるか分からないのに料金を払えないという心理は誰しも持っていると思います。 弁護士に相談し最適な弁護士をみつけるという意味も無料相談には含まれているのです。

悩まずに気軽に弁護士に相談して問題解決へ向かう

法律事務所への相談はどんなもの?

どうしても弁護士へ相談するのって抵抗感が強いと思います。 気軽に相談するには内容や費用を考えてしまい、行動にでられないのが現実ではないかと思います。 弁護士に相談するのは重大なことでなければ行けないという意識も強いと思います。 筆者も同様に強い抵抗感を持っています。

弁護士には得意分野を見極めて相談する

弁護士は全ての法律についてオールマイティーではありません。 やはり同種の分件を処理していることで、特定の分野について特にノウハウをもっています。 ご自身が相談しようとしている内容がどの分野で、その分野を得意とする弁護士の選択が必要になってきます。

相談から弁護士利用の有無を決める

無料相談が多くなってきた理由としては、気軽に弁護士を利用してもらいたいと考えているからです。 相談段階から料金が発生しているのでは、結果もだせるか分からないのに料金を払えないという心理は誰しも持っていると思います。 弁護士に相談し最適な弁護士をみつけるという意味も無料相談には含まれているのです。

TOPへ戻る